フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 9年ぶりの合法的な競売で象牙が安価 | トップページ | ジンバブエ、象牙売却で4300万円の収益 »

2008年12月18日 (木)

極東ロシアでナマコの押収過去最多

ロシア通信社ノーボスチ
2008年10月9日 ウラジオストク

(翻訳協力:荒木和子、編集協力:小林玲子)

ロシア連邦保安庁国境部が9日(木)に発表したところによると、1,850匹の高価なナマコを密漁しようとした男が、極東ロシア沿海地方の税関職員に逮捕された。

男は、ナマコでいっぱいになった4つの袋を積んで日本海のキトヴィー湾をモーターボートで移動していたところを、職員に捕らえられた。

ロシア連邦保安庁国境部スポークスマンの話では、税関職員によるナマコの押収量としては過去最多。

ナマコは干しナマコとしても知られており、ロシアでは大きな需要は無いものの、日本や中国、他のアジアの国々で食用、あるいは医療用として利用されている。中国では、干しナマコに1キロ220ドルから250ドルの価格がつく。

ロシアでは、ナマコの商業目的の捕獲が禁止されているものの、極東ロシアの海域でたびたび密漁が摘発されている。10月には、合計2,300匹の生きたナマコがロシアで押収された後、海に戻された。

« 9年ぶりの合法的な競売で象牙が安価 | トップページ | ジンバブエ、象牙売却で4300万円の収益 »

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/26895118

この記事へのトラックバック一覧です: 極東ロシアでナマコの押収過去最多:

« 9年ぶりの合法的な競売で象牙が安価 | トップページ | ジンバブエ、象牙売却で4300万円の収益 »