フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 不正にまみれた水産業 | トップページ | コンゴ共和国、ヴィルンガでのゾウの密猟の陰で »

2008年8月19日 (火)

北米のジャガーに、「個体数回復計画」を適用せず

(C)2008 April Fauna & Flora International,oryx

アメリカ合衆国魚類野生生物局は、合衆国内で絶滅の危機にあるジャガーを救うのためには絶滅危惧種法の枠組みを適用しないことを決定した。ジャガーはかつて南部のいくつかの州を彷徨していた。複数のオスがたまにニューメキシコ州やアリゾナ州で目撃されることは別として、最早この地域には生息していない。魚類野生生物局によれば、このような放浪個体の存在だけでは、個体群回復計画の策定は保障されないとのことである。同局は、代わりに国境の南のジャガーが生息する国々で展開される努力に注力する予定である。環境保護活動に従事する人々は、アメリカ合衆国魚類野生生物局が合衆国内のジャガーを見限ったとして、同局を非難した。
出典:ネイチャー 451(7177),386. 2008年

(翻訳協力:豊永啓子)

« 不正にまみれた水産業 | トップページ | コンゴ共和国、ヴィルンガでのゾウの密猟の陰で »

03 ネコ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/23083013

この記事へのトラックバック一覧です: 北米のジャガーに、「個体数回復計画」を適用せず:

« 不正にまみれた水産業 | トップページ | コンゴ共和国、ヴィルンガでのゾウの密猟の陰で »