フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« コリドー(回廊)によってゾウの未来は守られた | トップページ | 海の生物学的砂漠地帯の拡大 »

2008年8月19日 (火)

ゾウの破壊力にヤモリが恩恵を受けている

(C)2008 April Fauna & Flora International,oryx

ゾウがアフリカのサバンナを移動する際に壊していく木の数に比例して、ケニアコビトヤモリ(ヤモリ亜科 Kenyan dwarf gecko/Lygodactylus keniensis)の数が増えていることが、最近の調査で分かった。動植物の居住地に、ゾウは破壊的な影響をもたらしているとよく考えられているが、このヤモリにとっては、割れた木の幹、折られて落ちた大きな枝、剥ぎ取られた木の皮が増えると、巣を作り卵を産む場所を幅広く選べるということになるのだ。7000キロのゾウと小さなヤモリの関係は、生態系エンジニアとしてのゾウの重要な役割を表す良い例である。だが研究者たちは、ゾウのような草食動物が増えすぎると、樹木に悪影響を及ぼし、ひいてはヤモリ自体にも影響が出る可能性を指摘している。
出展:ナショナル・ジオグラフィック協会ニュース 2008年

(翻訳協力:宮本千絵)

« コリドー(回廊)によってゾウの未来は守られた | トップページ | 海の生物学的砂漠地帯の拡大 »

01 ゾウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/23082903

この記事へのトラックバック一覧です: ゾウの破壊力にヤモリが恩恵を受けている:

« コリドー(回廊)によってゾウの未来は守られた | トップページ | 海の生物学的砂漠地帯の拡大 »