フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 『A tiger in your bank』 | トップページ | 虎骨酒販売に対する厳罰化を当局が表明 »

2008年8月 1日 (金)

世界銀行のトラプロジェクトにブーイング

DNA Daily News & Analysis  Ashwin Aghor記  2008年6月5日

自然保護活動家、世界銀行のトラ救済案に反対

世界銀行がインドで着手する予定のトラ保護プロジェク案は、国内のトラ保護活動家らを激怒させている。Valmik Thapar、 Brijendra Singh、Bittu Sahgal、 PK Sen、 K Ullas Karanth、 Raghunandan Singh Chundawat、 Belinda Wright などの自然保護活動家たちは、このプロジェクトに対して反対の意を表明した。

世界銀行 のRobert Zoellick総裁に宛てた6月3日付の手紙の中で、自然保護活動家たちは、世界銀行が今迄にインド国内の生物多様性を少なからず破壊してきたとして、今回のプロジェクトに関わらないよう求めた。また、様々な方面からのトラ保護イニシアチブは歓迎されるものではあるが、世界銀行のそれは、結果としてインドの野生のトラに致命的な影響を与えるおそれがあると述べている。

Bittu Sahgal氏は、現時点で、世界銀行のインドでの財政的支援やトラ保護活動への関与は、現在進められているトラ保護努力に負の影響をもたらすだろうと述べている。インド政府はすでにトラ保護活動のために多額の資金を割り当てており、その対象には、法執行の改善や開発の手の及ばない重要な生息地を増やすなどの中核的課題が含まれている。

手紙によると、トラや野生生物、森林や自然を守るはずの保護活動や人々の生活面への介入の多くが、トラやその生息地に有害な影響を与え、地元のトラを守るという本来の使命から関係者の目をそらせてしまうという深刻な結果をもたらしたと、環境保護活動家たちは考えている。幹線道路、森林プランテーションなどの世界銀行のインフラストラクチャー関連プロジェクトも極めて有害な影響を与えてきたのであるが、世界銀行はこの点についても同じく、無視し続けている。

また、事前協議は透明にという先の誓約にもかかわらず、銀行の関係者たちは、インド政府の承認を獲得して政府を銀行のトラ・イニシアチブに加わらせようと、インドの保護団体がプロジェクトの輪郭をはっきりと把握しないうちに、自分たちのプロジェクト構想やアイデアを強く押し付けている、という。Bittu Sahgal氏は、「手紙の署名者たちは、世界銀行の現在の動向を全く支持しないだけでなく、インド政府をプロジェクトに加わらせることを意図した世界銀行の全てのトラ関連イニシアチブを承認していません。私たちは首相に手紙を書き、世界銀行のトラ・イニシアチブに関する我々の懸念を表明し、早計に連携しないよう要請しました」と述べた。

トラ保護活動家たちは、世界銀行当局者に対して、すべての関係者に指示してこの地域の世界銀行取締役がインド政府に示した提案を撤回するように要請している。

http://www.dnaindia.com/report.asp?newsid=1168863

(翻訳協力:荒木和子・編集協力:松崎由美子)

« 『A tiger in your bank』 | トップページ | 虎骨酒販売に対する厳罰化を当局が表明 »

02 トラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界銀行のトラプロジェクトにブーイング:

« 『A tiger in your bank』 | トップページ | 虎骨酒販売に対する厳罰化を当局が表明 »