フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 地球資源の1/4を人間が利用 | トップページ | ワークショップがオリックスの保護及び再導入のための戦略を作成 »

2008年4月17日 (木)

野生生物にそれほど脅威にならない土着狩猟者

New Scientist(2007)

 ペルーのマニュ国立公園の調査によれば、当公園に居住するマツィジェンカ部族の人数が最近20年間に2倍以上になったにもかかわらず、土着の狩猟者が狩猟される種の減少を引き起こすという証拠は、ほとんど、あるいはまったく見つからないということである。調査結果によれば、狩猟者が居留地の近くにいる動物をたくさん殺しているにもかかわらず、こうした動物は非狩猟地域からの動物に置き換わり、その結果当公園全体の動物の数は、安定した水準にあるということである。加えて土着の狩猟者の存在により、きこりあるいはその他の森への侵入者を阻止することができ、狩猟者が当地域を破壊からまもっているのである。

(翻訳協力:日原直子)

« 地球資源の1/4を人間が利用 | トップページ | ワークショップがオリックスの保護及び再導入のための戦略を作成 »

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/20319407

この記事へのトラックバック一覧です: 野生生物にそれほど脅威にならない土着狩猟者:

« 地球資源の1/4を人間が利用 | トップページ | ワークショップがオリックスの保護及び再導入のための戦略を作成 »