フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« オーストラリア政府が海岸の環境保全に3億7,500万円を助成 | トップページ | タムベシアン圏に関する、画期的な本がオンラインで購入可! »

2008年4月17日 (木)

風車とコウモリは相いれず

出典:New Scientist (2007)

 風力発電所(ウィンドファーム)が鳥類に及ぼす影響についてはかねてから懸念されてきたが、この度米国での研究により、タービンの主な犠牲者はどうやらコウモリであることが分かった。特に被害を受けているのは、風力発電所で見つかるコウモリの死骸のうち60%以上を占める2種類のコウモリ、シモフリアカコウモリとアカコウモリである。コウモリは長生きで、メスは繁殖期に通常一匹か二匹しか子供を産まないので、風車がコウモリの数に悪影響を及ぼしている可能性がある。コウモリが何故タービンを回避出来ないのかは、解明されていないが、風車から出る高周波音が、コウモリのエコロケーション(反響定位)能力を妨げるのかもしれない。

(翻訳協力:斉藤享子)

« オーストラリア政府が海岸の環境保全に3億7,500万円を助成 | トップページ | タムベシアン圏に関する、画期的な本がオンラインで購入可! »

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/20319481

この記事へのトラックバック一覧です: 風車とコウモリは相いれず:

« オーストラリア政府が海岸の環境保全に3億7,500万円を助成 | トップページ | タムベシアン圏に関する、画期的な本がオンラインで購入可! »