フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 独立から5年で初の国立公園を制定 | トップページ | コンゴの森林奥地で6種の新種生物を発見 »

2008年4月30日 (水)

ウガンダの国立公園で牧畜民と捕食動物が対立

Swara(2007),30(2),8-9.

ウガンダのクイーンエリザベス国立公園のライオンやヒョウ、ハイエナが絶滅の危機に瀕している。牧畜民であるBasongoraの人々が公園周辺で一時的居住を開始して以来だという。彼らは隣接国コンゴのビルンガ国立公園から立ち退きを迫られ、2006年3月にこの地区に移住した。薪や建築材料とするために公園内の森林を伐採しただけでなく、牧畜民達は公園内の捕食動物に毒を盛っているとされ、これによって約80パーセントのハイエナが毒殺されたという。ウガンダ政府はBasongoraの人々に適切な定住場所を見つけるのに苦労しており、また2007年の牧畜民1000人およびその家畜の立ち退き計画も、暴力事件の発生により延期せざるを得ない状況であった。

(翻訳協力:井上舞)

« 独立から5年で初の国立公園を制定 | トップページ | コンゴの森林奥地で6種の新種生物を発見 »

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/20667429

この記事へのトラックバック一覧です: ウガンダの国立公園で牧畜民と捕食動物が対立:

« 独立から5年で初の国立公園を制定 | トップページ | コンゴの森林奥地で6種の新種生物を発見 »